2015年07月15日 Wed.

パリ祭の日、祇園祭りの京都 ラジオでおしゃべり…!

きのう(714日)は、フランス革命(1789年)の日、パリ祭です。 

月一度の京都三条ラジオカフェで酉トリオ、おしゃべりしてきました。


テーマは、「革命 キモノ 革新」


柴田薫さんは素敵な浴衣でスタジオ入り、何と!普段着のキモノの普及を図ろうと、京都着物コスチューム協会を立ち上げその代表理事。彼女の行動力にはいつも驚かされます。

2015.7.14シンクタンクジャーナル.jpg


最後に私メが放った疑問!

なぜ、“自転車は….?”

動力には人力しか使わない便利な自転車が、

古代や江戸時代に発明されなかったのか?

大八車やベンハーで駆け抜ける競技車はあったのに

“車の上にひとが乗る”という発想を誰も思いつかなかったのは不思議???


3人とも、会話も止まりラビリンス 迷宮入り!!


お聴き頂ければ嬉しいです(^_-)


 



ナマ放送後長男鶏&次男鶏は、上七軒のビアガーデンで暑気払い!!

玉幸さんもステキな笑顔でお出迎え!!

私メ、鼻の下が伸びてる〜!?

857469.jpgI圧 MG_1162.jpg



posted by nob at 18:03 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日 Wed.

「3」という数字の不思議!?そして、良さ!!

きのう10日(火)は、月一度のコミュニテFMラジオ出演

中野有教授の「シンクタンクジャーナル」にお邪魔しました。


テーマは「3」という数字の不思議!?そして、良さ!!

柴田薫サンを加えた3世代3人の酉年生まれ、トリトリオが考えます


 トリトリオ.jpg


二項対立や二元論のような「2」ではなく古来、和を尊ぶ日本人のメンタリティに

例えば 「正 反 合」 といった弁証法の第3の方法を探るといった3番目の考え方が

解決法として良いのではないか・・・。


ISILなど国際紛争もこれで解決を、と考えました。

 98712.jpg75365.jpg


ずは、起承転結の糸口です、

起・・・京の五條の / 糸屋の娘

承・・・姉は十七 / 妹は十五

転・・・諸国大名は / 弓矢で殺す

結・・・糸屋の娘 / 目で殺す


京都三条寺町角「ラジオカフェ」下記チューナーをクリック

ポッドキャストでお聴き頂ければ幸いです。

昨夜も30分アット言う間でしたが・・・(^_-)

posted by nob at 10:08 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日 Wed.

2015年『トリトリオ』幕開きは「シティ神戸」

中野有教授のFMラジオ『シンクタンク・ジャーナル』

15年明けて初のトリトリオのトークは、

363回 「シティ神戸 117」お聴き頂ければ幸いです。


 qあ.jpg


40代のトリ柴田薫さんのご長男(12)は、難関中学に見事合格の朗報を。


ことし70代トリ突入の私メは、神戸新聞12日付けにも紹介された

20年目を迎えた阪神・淡路大震災の鎮魂歌を作詞したことを。

 『神戸新聞』2015.1.12.朝刊 - コピー.JPG凍えたカモメ.jpg


50代トリの中野有教授は、

20年前の悔恨だけでなく次のステップ、次の知恵を。


震災 4.jpg


日本は、世界に名だたる自然災害都市、その反省をただ言うのではなく

国際協力の世界最大級の救助隊をつくるとか、

軍事ではなく、そんな世界から尊敬される組織や施設を

政治家の判断で作るべきを。


今回もコミュニティFMラジオプログラム『シンクタンク・ジャーナル』

30分アッと言う間です….

ラジオは、映像がない分、貴方の想像力がふくらむ素晴らしいメディアです。

ぜひチューナーをクリックして下さいネ



お時間のない方は、仮歌 『シティ神戸』だけでもお聴き頂ければ嬉しいです。


あなたの心にきっと響くこととおもいます....




posted by nob at 10:24 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日 Wed.

トリトリオからのX‘mas メッセージ

 偶然KYOTOで出会った酉年生まれの三世代3人、

2014年も押し詰まった129日(火)

京都・三条ラジオカフェでおしゃべりしました。

 2014.12.9.think tank journal.jpg

龍谷大・中野有教授のプログラム『think tank journal

柴田薫さんを交え、クリスマスメッセージとともに

スマホを駆って「文字character」を発信し続けるSNS時代、

“今”とは何か?話します。

 トリトリオ.JPG

「話ことば」も空気や電気、電子と同じ在るけど見えないもの

デジタルのbitに比例されます。

その記録・記憶媒体として「文字ATOM」がモノとして存在し

14世紀半ばのグーテンベルク以来約550年間慣れ親しんだ活字文化に生きている私たち。

しかし、インターネット網が発達しスマホでの人との繋がり、

“いま”直面しているコミュニケーションとは??


30分番組、今回もアッと言う間です、お聴き頂ければ嬉しいです。



※おしゃべり中、「東京オリンピック開催年」を私メ、1960年と発言しましたが、

1964(昭和39)年の間違いです、お詫びして訂正致します。ちょうど50年前、新幹線もこの年開通です。


 東京五輪2.jpg東京五輪1.jpgpictograph0.jpg



この時どんな国や地域から来られた方々ににも一目で通じる「絵文字pictograph」が日本人によって創られたのです。以来「絵文字」は、漫画やアニメに通じ日本のお家芸です。


pictograph.jpg

posted by nob at 11:36 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日 Wed.

男性脳・女性脳の話し『シンクタンクジャーナル6.3.』

昨夜(63日)は、ラジオ番組『シンクタンクジャーナル』の生放送でした
月に一度、龍谷大学教授の中野有さんと柴田薫さんと私メ、三世代の酉年トリオがおしゃべりしています!!


前回は、辛口トーク、我々より若者に関係ある「集団的自衛権」について

ー武力ではなく外交力を磨くべき、軍縮の努力が先ーと話しました。


私メの同志社女子大学でも龍大でも履修生にこの回の放送を聴いて貰いました。


同女の授業では又、朝日放送制作のドキュメンタリー、

一時間の『遠い島』をみんなで鑑賞し、

敵味方双方に哀しみしか残らない戦争は、絶対ダメを確認仕合いました。

 6.3.シンクタンクジャーナル.jpg

今回は柴田薫さんのFacebookにあるように

一転

男性脳・女性脳の話し、恋愛論で盛り上がりました(^o^)v
良かったら、お聴き下さいね

出会った瞬間0.5秒で好き嫌いを判断している脳

男女の仲は、18ヶ月から3年しかもたない等々ですが・・・・!?



上記チューナーで聴けない場合、すみませんが下記URLをクリックして下さい!

http://radiocafe.jp/200804001/episodes/2014-6-3oa/




95136542.jpg

アメリカの戦意高揚に利用された従軍写真家ローゼントールのピューリッアー賞作品。


『遠い島―硫黄島・その33年―』1977(昭和52)年制作。

これは、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』公開より30年も前の作品、

日米あわせて約3万人という戦死者を出したはげしい戦いから33回忌を迎えた年につくられた

芸術祭参加の優れたドキュメンタリーです。


何の足跡?360万年前.JPGアファール猿人の家族.JPG人類拡散のロングジャーニー.JPG

360万年前から人類の祖先とされる猿人も、種をのこすため家族で暮していた。その足跡から復元された「アファール猿人の家族」


  『神戸新聞2014.3.18.』写真後列に私メ亡き母・晴子が写る。

西澤ワ 神戸空襲.jpg焼夷弾 神戸空襲西澤ワ氏.jpg

  神戸大空襲・・・神戸とその周辺地域は1945年(昭和20年)13日から終戦までの約8ヶ月間に、

大小合わせて128回の空襲を受け、特に317日および65日の市街地絨毯爆撃と、

川西航空機甲南工場を標的とした511日の戦略爆撃によって大きな被害を受けた。

被害状況に関する公式記録は存在せず、具体的な数字ははっきりしていないが、

被害面積は神戸周辺都市部の21%に及び、少なくとも8,841名の市民が犠牲となり、

15万人といわれる負傷者、焼失家屋15万戸、のべ65万人もの人々が家屋に被害を受けたといわれている。

これは人口および面積から換算した被害率としては、当時の五大都市の中でも最悪の数字であった。

ウィキペディアより

posted by nob at 15:34 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日 Wed.

Young people, are you silent majority?

SNSFacebookに政治問題を載せてもいいね!が あまりきません。

今話題の日本が戦える仕組みを作ろうとしている「集団的自衛権」、

万一紛争に巻き込まれればその当事者となる若者たちは、どう考えているのだろう?

Young people , are you silent majority that does not know anything?


本日(20日)同志社女子大学 私メ「マス コミュニケーション論 A」(1年〜4年生まで)のクラス受講生、約180名に聞いてみました。

 同志社女子大.JPG

・全く分からない・・・・・・・・・・・・・・・31名・・17

・言葉は聞いたことがあるが意味は分からない・・48名・・27

・なんとなく知っている・・・・・・・・・・・・62名・・35

・よく知っている・・・・・・・・・・・・・・・38名・・21

 圧・157412.JPG

調べてみたい。

ちゃんと知っておくべきだと思う。

憲法の授業でたくさん調べた。

聞いたことはあるけど忘れました。

今までの首相がみな否定してきたこと。

関心がある。

よく知らないが、どんな手段を使ってもみんなで国を守ること。

昔、習ったが、内容は記憶に残っていない。

憲法9条 変えて欲しくない。

安倍首相0.JPG

515日(木)午後6時からNHKでナマ放送された
「集団的自衛権 報告書に関する首相記者会見」

安倍首相2.JPG安倍首相4.JPG

首相が繰り返す「国民の生活と安全を守るのは私の役目」力強いですネ(笑)
そして「(仮想敵国)からの脅威!」
しかし、いずれもミリタリーパワーで平和を唱える指導者の常套句です。


では、「集団的自衛権」ってどんな意味か 自分流で書いてみて・・・!?


アンケート結果と感想は、その夜6時からの京都三条ラジオカフェ龍谷大・中野有

社会学部教授のプログラム「シンクタンクジャーナル」で話ました。

2014.5.20.シンクタンクジャーナル.jpg

若者たちの多くは、ちゃんと考えています。

お聴き頂ければ嬉しいです。

 


愛国心がないのかと言えばよい.JPG戦争を回避できる国に.jpg

『東京新聞』コラム・「デスクメモ」


【注】東洋のルソーと言われた思想家・中江兆民の『三酔人経綸問答』。

三人の思想の異なる登場人物、洋行帰りの紳士君、豪傑君、南海先生が酒席で議論する物語です。



続きを読む...
posted by nob at 09:22 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日 Wed.

ラジオ番組『シンクタンクジャーナル 〜知的直感力を磨こう〜』


 毎月はじめ私メもおしゃべりする、
11月のミニFM局中野有氏のプログラム「シンクタンクジャーナル」

酉トリオ2013.11.12..jpg
 

 昨日(
12日)は、偽装に揺れる食品業界の話題から

「人間にも偽装があるのでは?」
それらを見抜くには? 三世代の酉年トリオで30分のトーク・・・。

 京田辺2013.11.12..JPG京田辺2-2013.11.12..JPG今出川2013.11.12..JPG


秋色に染まる同志社女子大学 京田辺・今出川CAMPASでの授業を終え

京都・寺町三条角の「ラジオカフェ」スタジオに向かいました。

 番組で中野有氏(50代酉)は、「理性と感性の握手」
柴田薫さん(40代酉)は、「信用と信頼は一瞬で壊れる」
終戦の1945年酉年生まれの私メ、
生まれて以来ずっと68年間続いた平和を壊しかねない昨今、首相の振舞!
「言論統制」に結びつきかねない『特定 秘密保護法案』はどうなる?

二度と再び戦争を起こさないためにも自分を磨くこと!

ご自分の目を鍛えること!「情報の真偽を見抜く力を!」
を話ました。

 


【補足】

自衛隊幹部への登竜門 
防衛大学第1期卒業生(昭和323月)への 
吉田茂元首相のハナムケ
「自衛官が冷遇されている時の方が国民は幸せなのだ」をご紹介しました。


「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、


歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。

きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、

外国から攻撃されて国家存亡の時とか、

災害派遣の時とか、

国民が困窮し、国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、

国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。」

※この話、ネット上では出典を誤り、
防衛大第1回卒業式の吉田茂首相訓示とされていますが、
真偽を確かめたところ本当の出典は、
「立ち話から」と、

平間氏の『歴史通』H236月号「大磯を訪ねて知った吉田茂の背骨」にありました。

 安兵衛.png

中野先生とふたり、この夜は築90余年の落ち着きある町家「安兵衛」075-222-0584
熱燗とあなご料理に舌鼓  この店はお薦め!!

ほろ酔い機嫌で帰りのJR京都駅に向かう、と。
京都タワー紫に.JPG

京都タワーが、紫色に点灯!!
本日から25日の「女性に対する暴力撤廃国際デイ」に因んでとの由。



 





posted by nob at 12:39 | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日 Tue.

3.11メディアウォッチャーの視点 その3

 放送は、災害報道でその真価を発揮します。放送の電波は、通信のように輻輳がおこらず、被災地にも確実に届く最強の情報インフラです。ライフラインの筆頭は"情報"でありながらそれを取材し伝えるメディア自身もライフラインと言えば電気・ガス・水道をまず挙げます。放送はみたり聴いたりする機器デバイスさえあれば誰でもが情報をキャッチできます。
インターネットで聴くラジオ”radikoラジコ”は、この非常事態に地域限定という民間放送エリア枠をとっぱらいました。例えば朝日放送ラジオも被災地東日本でも聴けるようになっています。
アメリカではタイムワーナーケーブルがiPadへのネットワークのテレビ番組配信を開始したとのニュースも伝わってきました。放送を受ける
device(=端末)がテレビだけでなく、インターネットの技術進歩すなわちブロードバンド化(大容量・高速化)によって多様化しています。

 でも大切なのはその情報が正しいかどうか? 中味です。  
 今回の3.11大震災で放送のみならず既存マスメディア4媒体は何を伝え、何をつたえなかったか?
 伝える基本“ことば”の問題では、書きことばと話し言葉の違い、日本語の場合同音異語による混乱がおきています。
原子爆弾より怖い水爆と水素の爆発による水爆、放射性物質による被曝と原爆による被爆などコンテキストからも解らない”漢字”の意味に翻弄されています。この震災、当初政府が命名の「東北地方太平洋地震」は、あまりの規模の大きさに”大”という字を使わざるを得なくなったメディア各社、NHKは東北関東大震災、朝日系は東日本大地震など各メディアの呼称がバラバラ。
放射線量の単位が一時間当たりなのか、一年なのかの問題等々、情報の送り手と受け手の間に意味が不確かな”ことば”が立ちはだかります。
さらに受け手側も発信者になれる現代、新興のインターネットメディア、特にSNSソーシャルネットワーキングサイトは、充分その役割を自覚し動いているのか? ケータイではチェーンメールで嘘をばらまいてないか?発信者として不慣れなこの時代の問題点は大きい。 
30
分のトークでは到底話足らない問題点が浮かび上がりますが、まぁお聴きください。
3.11メディアがどう動いたか11.3.29.jpg


私メが最も知りたかったメディアはどれが、どうみられたか?
3.11から一週間のメディア事情を野村総研が分析しています。
メディアはどうみられたか?野村総研.jpg
http://www.nri.co.jp/news/2011/110329.html

帰りにみた京都タワーも節電・・・、
続きを読む...
posted by nob at 00:00 | TrackBack(0) | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日 Wed.

3月8日のシンクタンクジャーナルは、第160回「プロデューサーを目指そう!」です!

 毎月一回出演させて頂いてます中野有氏のラジオ番組「think tank journal
昨日、ミニFM局・京都三条ラジオカフェで午後6時から30分のナマ放送でした。
あとポッドキャスト、インターネットでもお聴きいただけ、今回はUSTREAMで映像まで!
便利な世の中です。
動画のUSTREAMは容量が約
100MBありますのでここに貼り付けられませんので「think tank journal」本体でご覧いただければ幸甚です。
http://fm797thinktank2.seesaa.net/ 

 
3月8日(火)のテーマは「プロデューサーを目指そう!」です。
放送の世界でもディレクターはいるがプロデューサーはなかなか育たないといわれています。
ロングショットの視点、グランドデザインがえがける真のプロデューサーは希少、若者よ!出でよ!
京都のまちをどうプロデュースするの?国家のプロデュースは?まで
インターネット時代にふさわしいプロデューサー待望論を二人で熱く語っています。3.8.2011写真.jpg
posted by nob at 00:00 | TrackBack(0) | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日 Wed.

エジプト騒乱、若者たちの「Facebook」「Twitter」から 新しいメディアパワーのinnovationが今おこっている!

 アラビア語で「Facebook」、「Twitter」から発信するアラブ圏の若者たち。かたや米・英語でこれら「SNS」
から発信するアメリカ・イギリス語圏の若者たちはこの「ことば」で一つになれる。そしていずれもイスラム教そしてキリスト教という宗教が政治の裏にべたっと貼りついています。
日本のメディアがこれらの国の情勢をかたるとき、重大なファクター「宗教」抜きに報道することが多いのに私メは不満・・・。
コミュニケーションの基本「ことば日本語」とそして「宗教無知」は日本が世界情勢からハズされる一因?
昨日2月8日(火)放送の下記「Thinktank Journal」ぜひクリックしてお聴きください。
シンクタンカー中野有氏の30分番組、京都・ミニFM局に毎月一回お呼びいただいています。

DSCN0079.JPG
後半は、実際に「Facebook」、「Twitter」日本の場合「Mixi」をつかっている
同志社女子大学のお嬢さん三人をスタジオに招いて現状を話してもらいました。
お詫び!
私メの発言中、今回のエジプト騒乱のひきがねになったアルジェリアといいましたが、
正しくはチュニジアに端を発したです。お詫びして訂正いたします。
posted by nob at 11:25 | TrackBack(0) | thinktank Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。